ごあいさつ
理事長
理想に燃えて

今から45年前、1964年の暮れ、一人の青年が
瀬戸内海小豆島の美しい内海湾の小高い山に
理想の学園を築こうと一振りの鍬を入れました。
満天の星空を仰いで天体観測
海のプランクトンの顕微鏡観察
かぶと虫・くわがた虫の生きいき動くくぬぎ林
メダカ・ヤゴ・川エビのすいすい泳ぐ小川や池
それら一つ一つが完成し
物理や化学の面白実験を子ども達と
先生も一緒に楽しむ実験室も6棟ができました。
2000年を記念して珍しい岩石園、化石・鉱物園や
生きている日時計もつくりました。
星くずの村45年の歳月は21世紀の科学を満喫し
さらに大きく羽ばたこうとしています。

藤原 信
藤原学園理事長
 

星くずの村ってなに?
 
ホームへ